spice of a day

SHOP検索 MENU

紅茶のレッスン

紅茶のクオリティーシーズンについて

紅茶にも旬があるって知っていましたか?

紅茶にも旬があるって知っていましたか?

インド、スリランカ、中国などで栽培される紅茶。年に何回か収穫される紅茶は、通常ブランドや銘柄ごとに1年を通して味がブレないよう、その季節ごとにいろいろな茶園の茶葉をブレンドして製品が作られます。
その一方でお茶は自然の農産物。大地から栄養を吸収し、太陽や雨からパワーをもらって育った「茶葉」が、その土地(土壌)・気候をありのまま受けて成長する。だからそれぞれの産地に、一年の中で気温や日照時間に恵まれ、より紅茶作りに適した時期があります。美味しい紅茶を愉しめる時期をクオリティーシーズンと呼ぶのです。

ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナル。ダージリンには年3回、美味しい時期がある。

ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナル。ダージリンには年3回、美味しい時期がある。

紅茶のクオリティーシーズンの中でも特徴的なのが、インドの北東部ダージリン。春摘みのファーストフラッシュ夏摘みのセカンドフラッシュ秋摘みのオータムナルと、1年に3回旬の時期があり、それぞれ特定の期間に、茶園ごとに採れた新鮮な茶葉を、そのままに味わうちょっとぜいたくな愉しみ方があります。
ティールームでも旬のお茶の魅力を愉しんでいただけるよう、店内メニューテイクアウト商品をご用意しました。季節ごとで味わいや香りが変化していく、その美味しさを知ると、紅茶の世界が広がります。ぜひ愉しんでくださいね。

茶葉

ダージリンのクオリティーシーズン

  • ファーストフラッシュ

    春摘み:3月~4月
    長い冬を越え、春の温かな陽射しを浴びていっせいに芽吹く新芽はとてもフレッシュ。茶葉が若いうちに摘まれるのでカテキン含有量も少なく、発酵もおだやか。フレッシュで若々しい香りと味わいが特徴です。
  • セカンドフラッシュ

    夏摘み:5月~7月
    夏の最盛期にとれるセカンドフラッシュ。初夏のさんさんとした太陽を浴びて育った茶葉には、味、香りともに、1年中で最も充実した味わいがあります。
  • オータムナル

    秋摘み茶:9月~11月
    雨季から乾季へと移り変わる秋に収穫されるオータムナル。雨季の水分をたっぷり含んだ後に芽吹く新芽は柔らかな味へ変化します。そして、秋の深まりとともに味わいとまろやかさが増していきます。

※このコンテンツでは、9/11UPで紅茶の産地ごとの特徴をご紹介します。そちらもお楽しみに。