spice of a day

SHOP検索 MENU

紅茶のレッスン

紅茶の美味しい淹れ方

美味しい紅茶を淹れるために…

美味しい紅茶を淹れるために…

紅茶は、茶葉と熱湯だけでできるシンプルな飲み物です。
美味しく淹れるためのテクニックはいろいろありますが、
大切なポイントは「丁寧に淹れる」こと。

人の手を介してでき上がるものだから、
手間を惜しまず、じっくり丁寧に。そんな姿勢こそが大切なのです。

紅茶は発酵させることで旨みを作り、乾燥させることで旨みを保っています。
茶葉を熱湯で十分蒸らし、旨みを湯に移すことによって、
味、香り、水色(すいしょく)
ともに、バランスよく引き出されます。

アフタヌーンティー流ゴールデンルール

アフタヌーンティー流ゴールデンルール

1:新鮮な茶葉を使用する。2:茶葉を正確に計る。3:ティーポットを使用する。4:熱湯を使用する。5:しっかりと蒸らす。

・茶葉やお湯の計量について

茶葉の量や熱湯の量をしっかり計ることが重要です。きちんと計ることで、味にぶれのないおいしい紅茶を淹れることができます。例えば、後述する淹れ方のレシピでポットに注ぐお湯の量は、350mlとなっていますが、いつも使うポットで、どのあたりまで注ぐと350mlになるのか、一度計って把握しておくことをおすすめします。

・ジャンピングについて

美味しい紅茶を淹れるためには、お湯の中にたくさんの空気が含まれていることが重要です。水は新鮮な浄水がおすすめ。空気をたくさん含んだ水をしっかり沸騰させた上で、ポットに注ぐと、茶葉がよくジャンピングします。ジャンピングとは、熱湯の中に含まれた空気で、茶葉が浮いたり沈んだり、上下運動を起こす状態のこと。
ポットをよく温め、しっかり沸騰した熱湯を注ぎ、フタをして蒸らすことで、ポットの中の熱が逃げずに、茶葉がよくジャンピングして旨みを引き出すことができます。これが美味しく淹れるコツです。

実際に淹れてみましょう。

実際に淹れてみましょう。

基本の分量

ティーポット1ポット分(ティーカップ2杯半くらい)
茶葉5g
※大きい葉の場合はティースプーン山盛り2杯分/小さい葉の場合は中盛り2杯分
熱湯 350ml
蒸らし時間 3分

  • 淹れ方

  • 淹れ方1

  • 淹れ方2

  • 淹れ方3

  • 淹れ方4

  • 淹れ方5

  1. 1. やかんに、汲みたての新鮮な水をたっぷりと沸騰させます。5円玉くらいの泡が、水面真ん中からボコボコ立つくらいが目安です。
  2. 2. ポットに湯を入れて温めます。このとき、やかんを再び火にかけ、沸騰したままの状態をキープします。
  3. 3. ポットを温めた湯を、後で漉し入れるティーポットに移し、温めておきます。
  4. 4. 温めたポットに茶葉を入れ、しっかりと沸騰させた熱湯を注ぎます。
  5. 5. ふたをして一定時間蒸らします。小さな茶葉の場合は2分半〜3分、大きな茶葉の場合は3~4分が目安です。蒸らしている間に、ティーカップに湯を注ぎ、茶漉しを湯通しし、カップと茶漉しも温めておきます。
  6. 6. 時間になったら、ポットのフタをあけて、ひらがなの「し」の字を描くようにスプーンで軽く一掻きするか、ポットを軽くゆすります。
  7. 7. あらかじめ温めておいたティーポットに茶漉しを使って、漉し入れます。こうすることで、均一な濃さの紅茶を愉しむことができます。

ティーバッグを使った美味しい淹れ方

ティーバッグを使った美味しい淹れ方

手軽に愉しめるティーバッグも、ちょっとしたことに気をつけると、美味しさがぐんとアップします。大切なポイントはティーポットの場合と同じです。
しっかりと沸騰したお湯を注ぐこと。ティーカップはあらかじめ温めておくこと。パッケージにかかれている正確なお湯の量を注ぐこと。
ポットが無く、カップ&ソーサーを使用する場合は、ソーサーをカップのふた代わりにして、しっかりと蒸らしてあげること。”蒸らし”という、このひと手間で味わいが変わってきます。ぜひお試しください。